男性介護士は需要あり!

介護士という職業は給料が高くないので将来に不安を感じる男性も多いようですが、他の業界よりも安定しており、景気などに左右される心配がありません。
日本は少子高齢化が進んでいるので、介護職への需要が高まっています。

特に男性の介護士は、現在多くの介護施設で求められています。
寝たきりの利用者の体位交換や排泄介助をしなけらばならないので、力のある男性介護士はどこの介護施設でも欲しがられる人材です。
女性の介護士だと力仕事の場合は複数人で行う必要があるので、男性の介護士は非常に頼りになります。
また、介護士の平均年収は女性よりも男性の方が高く、男性の方が事務長や施設長になりやすいので給料が上がりやすいです。
この他にもさまざまな男性ならではの持ち味があり、それを発揮できる男性介護士は需要が高くなっているのです。
※ここで紹介した男性ならではの持ち味は求む!今こそ男性介護士!を参考にしています。

しかし、毎日同じ仕事を続けていては、やりがいを感じ辛くなってしまうこともあるでしょう。
キャリアアップを考えている男性は、介護系の資格をいくつか取得し、その道のプロフェッショナルになることを目指しています。
資格を取れば周りにも自分のスキルを証明できるので、積極的に取っている男性も多いです。

また、介護系資格の中で唯一国家資格である介護福祉士を目指す人もいます。
介護福祉士は介護員の中でもリーダー的存在となり、転職においても有利になる資格です。
また、資格手当が支給される場合もあるので、現在注目が集まっている資格です。
介護福祉士になれた後、認定・専門介護福祉士、介護支援専門員(ケアマネージャー)の資格を取得する人もいます。